楽曲紹介 UFO

UFO
Dre-Wak-Epi-Det-Doc-Blo-Va$
背骨Blaster
鳥だ!飛行機だ!いや、股割りだ!

出現条件

以下の条件をすべて満たした状態で、STAGE1で文字難易度の譜面を選曲するとSTAGE2に乱入。

5BUTTON 21
NORMAL 24
HYPER 36
EX 49

MUSIC INFO

要はアメリカとかメキシコとか韓国とかチリとか大山とか。曲作り続けて長いことになりますが「ボス担当していいよ!」と言われたんで嬉しさのあまりここまで隠してきた背骨分が全部出てしまいました。ボス曲をたくさんお作りになってるルゼさんには、ボスの風格を保つ曲や譜面を作るという点で毎回ボス曲制作時に多大なプレッシャーがあるそうですが、私はコンセプトの時点でどう考えても難しい譜面しかできないことが確定していたので安心してひたすら他の音ゲーの宣伝に努めることにしました。

曲はとにかく海外の音ゲーのいろんなひどい(褒め言葉:おいしい所という意味)部分を UFOのごとくミューティレーションしてお送りしてます。譜面はこんなの入れていいの?というひどいギミックをひたすら入れたせいでトータルノーツは少ないですが非常にクリアしにくい譜面に仕上がりました。特にラストの股割り(ダンスゲームで対角線上に降ってくる交互連打)を9鍵盤で再現したのはこの曲だけだと自負します。いらない自負です。一応理論上は無理押しがないはずなので、脳をしっかり洗浄しつつ毎日テニス部のように握力を鍛えたり顎を鍛えたりして頑張ってみてください。

最後に、この珍妙な曲名の意味をお教えしましょう。「悪夢から覚めた癲癇と決めつけられた薮医者が流血する祭典で800$」


↑ここまで2011年ぐらいのコメント

おはようございます背骨Blasterです。季節はめぐり2020年ですね。そうなんですこの曲2011年ぐらいの曲なんです。あのBLOOD BLOOD BLOODより前です。この曲があったからこそ後の新装姉妹シリーズが形成されたと言えますね。そういう意味では記念碑的一曲です。季節はめぐり大山が駒込になり、駒込が立川になったわけなんですが、まさかこの曲が題材としたゲームが日本で合法的に遊べるとは思ってなかったわけで…。

さらに余談ですがこの曲は実はTM3の最初の想像図ではもうほんとラスト前オブラスト前、例えるならゾーマ前のバラモスゾンビとかデスピサロ前のアンドレアル(微妙すぎ)とかの立ち位置だったんですが、熟成されてそうでもなくなったのでこの時期の登場です。背骨Blasterさんもこの程度じゃメキシコ人には勝てないぞ!と意気込んでました。まだまだ続くめくるめく図書館世界をお楽しみください。

背骨商会(spine)

GRAPHICS

FROM STAFF

これはひどい(褒め言葉)

中盤ではDo it!!を連発することにより日頃蓄積されているストレスを解消させることができます。でもそれにしたってDo it!!押しすぎだろ!!

Yamajet

背骨商会spineざらこ先生に曰くBPMは159-163-170-185-180-185-370-185-268-185-370-740-148-190-195-190-800-190らしいんですが
これは典型的なUFOの動き「直線的に動いて一瞬停止して方向転換を繰り返しジグザグに進む」を表現したもので
特徴的かつ異質なノート配置とあわせて異星からの侵略者たるUFO譜面となっているそうです

なるほどそう言われてみるとこの混沌とした曲全体が言わばUFOそのものなんだなと納得する次第です
ここまでぜんぶ今考えました

fether

日本でも股が割れると聞いて喜んでいたら、TM3でもメキシコ(大都会とか当てはまる単語に置き換えてください)から指を裂くための刺客が襲来していた。

rate-dat
« 前の曲: RE:トイミュージカル
次の曲: ああああ »